外事警察 / 麻生幾

Book

外事警察 / 麻生幾

外事警察 (幻冬舎文庫) 最後の方に、アクションというか派手な展開がありますが、緊迫感あるスパイ小説。 登場人物が多く、難解な用語も多く、非常に読みにくい本なのに、麻生幾独特の緊張感ある一作で、一気に読んでしまった。

続きを読む

消えた少年 / 東直己

Book

消えた少年 / 東直己

消えた少年 (ハヤカワ文庫JA) テンポが、いいです。犯人を読み間違えるくらいに、いいテンポでした。 だいぶグロイ表現がありましたが、その辺もローレンス・ブロックへのオマージュを感じます。 これは、映画化しないだろうな~…

続きを読む

蝕みの果実 / 船戸与一

Book

蝕みの果実 / 船戸与一

蝕みの果実 (講談社文庫) どれも船戸与一っぽい、中々秀逸な短編集でした。無駄に長い作品を書く人ですから、こういう作品は良いですわ。 ただ、「10年間の日米関係の変遷をも浮き彫りにする」とあるのは、まったくもって理解出来…

続きを読む

K・Nの悲劇 / 高野和明

Book

K・Nの悲劇 / 高野和明

K・Nの悲劇 (講談社文庫) なんだか、ホラーなのかサイコなのか判断つかず中途半端感いっぱいです。 割と重たい話なのに、所々で霊的な感じをだしてきて、よくわからん説明が入って、結局、、、、ちゃんちゃんって感じで終りました…

続きを読む

インデックス / 誉田哲也

Book

インデックス / 誉田哲也

インデックス ブルーマーダーは、物足りなかったけど、誉田哲也の姫川シリーズは、やっぱりイイね! それに、姫川班再結成という期待感を持たせる流れもイイです。

続きを読む

1 2 3 4 5 >

おしんちゃんの部屋とは