Makito's Wandering the World » 本



雪冤 / 大門剛明

Book

雪冤 / 大門剛明

雪冤 中盤までは、イイ展開なんだけど、なんだか途中から出てくる登場人物がはっきりしなくて、最後はどんでん返ししまくりで、犯人までわからなくなっちゃいました。 作者の言いたいことは、理解できた気がしますが、小説としては稚拙…

続きを読む



向う端にすわった男 / 東直己

Book

向う端にすわった男 / 東直己

向う端にすわった男 (ハヤカワ文庫JA) 札幌の”空気”を感じられるこのシリーズはいいですな♪ ただ何となく、東直己はローレンス・ブロックのスカダーシリーズを意識してる感じがするんだよね。パクリとまではいかないけど、オマ…

続きを読む



極楽タイ暮らし / 高野秀行

Book

極楽タイ暮らし / 高野秀行

極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (ワニ文庫) TV番組のクレイジージャーニーに出演している高野秀行を見て、興味を持ち手に取った一冊でしたが、面白く興味深い作品でした。 作者の”タイ”愛が伝わりますし、…

続きを読む



そして、星の輝く夜がくる / 真山仁

Book

そして、星の輝く夜がくる / 真山仁

そして、星の輝く夜がくる (講談社文庫) 真山仁の新しい方向での、読み応えのある一作。 こういう筆力のある作家が、”震災”というテーマで、経験と取材を基にタブーになりがちな事をあえて作品にするというのはイイと思います。

続きを読む



神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く / 石井光太

Book

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く / 石井光太

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く (新潮文庫) あまりにも、きつい内容です。 直視というか、考えなければいけない問題なのでしょうか? そもそも、これはノンフィクションなのか? あまりにも、作者が無力。ジャーナリストと…

続きを読む



< 3 4 5 6 7 >

 
おしんちゃんの部屋とは