外事警察 / 麻生幾

Book

外事警察 (幻冬舎文庫)
外事警察 / 麻生幾

最後の方に、アクションというか派手な展開がありますが、緊迫感あるスパイ小説。
登場人物が多く、難解な用語も多く、非常に読みにくい本なのに、麻生幾独特の緊張感ある一作で、一気に読んでしまった。


↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

« »

おしんちゃんの部屋とは